topimage

2013-10

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今後の創作方針について色々とだべる - 2013.10.31 Thu

今後の創作方針について、
大きく二つ、というかシンプルに二つにして動かしていこうかと。


ひとつはデュエコラの内容を引き継いだ、半2次創作的なストーリーもの。
色々と目論見はあるんですが、主に思うことは二つ、
ひとつはリハビリも兼ねての創作活動、
そしてもう一つ、どうしてもオリジナルものは完成度が高く求める部分があるので、
一定の完成度でもコンスタントに続けられるというか、気楽に作れる創作を一つ続けておきたいということがあって、作ってみたいなと思ってます。
内容はどっちかというとメタな感じで、ホビーとして遊戯王について触れていく感じになるかと。


もう一つにオリジナルのほう。
TRONをちょっと再構成してもう少し一般向けというか、
物語として作り直す感じです。
なんだか色々と回って元の場所に戻ってきた感じもしますが、
戻ってきたってことはこのスタイルが一番いいってことなのかもわかりませんね(開き直り

こっちの方はまだ未確定の部分が多いですが、
星の塔というか、ユニオンの塔というか、ベクシンスキーみたいなそんな話です。

まぁとりあえずこんな感じです。
いつぐらいからやっていくかは全く分かりません。

そいじゃ!

スポンサーサイト

マイブームに乗っ取られるまい - 2013.10.29 Tue

どうもっす。
だいぶ開いてしまったように思いますが書きたいことが思い当たらなかったんでいいんです。
細かいこたーいいんですだよ!!

最近マイブームについて思い直すことがあったというか、
なんというかマイブームができてしまうと物事の評価基準とかがすごくそっちに引っ張られるというか、
これスゴイって思ったときはなんか自分の冷静さとかも全部そっちに持って行かれて、
気がついたらブームのこと中心で自分のいろんなこと考えていたりするんですよね。
それってよくないなって。
そういうことに気がついたよって話です。

物事って少し熱くなってるのが過ぎて、冷静になってから評価したほうが結果的に正しい評価が出せますし
自分にとってプラスなかたちで吸収できる気がします。
絵を書いてる時だって、うまく描けてると感じた時は多分熱くなってるんですよ、うん。


話全然変わって
あとここで言うのもなんなんですがネットラブについても
ちょっと一からやり直してみようかと思ってます。
なんか、目的ばっかり先行しちゃって結局楽しめてなかったというか、そういうところもありまして、
何度目のやり直しか見当もつかなくなってきてますが、
失敗と挫折繰り返して何とか軌道に載せたいものですわー

そんな感じで、では。

ついついめんどくさいと感じてしまうのか処理力を上回っているのか - 2013.10.22 Tue

いろいろと物事の企画というか計画は立てつつも立てた段階で結構満足してしまい形にならないことも多い昨今の子畑です。
どうも、マジありえねぇのです。

とりあえずやりたいなぁ、とか、計画してますとか言っておいてそれっきりのことがとにかく多くて多くて、
それが腹が立つやら不甲斐ないやらの上に、悲しきかな。
基本的に自分の周辺にいるほぼすべての人は動きが止まっていることはおろか、
そんな発言をしていたことですら忘れているであろうという事実。

世の中そんなもんっスよ!


ただまぁ、比較的真面目な人間をきどりたい私はそう言う中途半端なことを繰り返すこと自体になんかアレルギーが出てくる始末。
ああ、もう、めんどくさい人種。

まぁ、とりあえずは先日の記事のように物語構成に集中して今は動いてみようかなというところ。
とにかくいろいろやってみて、挑戦してみて。
迷惑かけちゃってもいいじゃん、くらいの勢いで(実際には迷惑にすらなっていないのだろうけど
そういうことも飲み込んで、あるいは勇気を持って活動できればなぁ。
なんてそんな気分になります。


多分私はこういうところでほかの人より地の力的な物が劣っているんだと見につまされます。
人間力、そのまま作品に出てくるのですね。

カード記事をそのままでいいのかと迷った結果の犯行 - 2013.10.19 Sat

なんか現状だと楽しみきれてないなぁというのもあってちょっと方向転換させてみようかと。

単純な情報掲載的な側面が強くなる一方なので
具体的にはノベル気味というかss気味の、ストーリー仕立てで進めていこうかなといった感じです。

いろいろと突拍子もない動きをしている感じで申し訳ないですが、
まぁ、いろいろと挑戦あるのみです。


コボックスでのコンテンツでは(そもそもコンテンツというくくりも疑問はあるのでもはや物語一つ一つを単位に考えたほうがいいのかも)
どちらにせよ基本的には物語を作るという方向性は統一させていきたいです。
そういうところも含めていろいろと方向修正を入れていきたいなという時期ですね。

とりあえず現状のコボックスでの発信活動として
NETLABシリーズでの1次創作であるTRON(仮 と
カード系のコラムスでの2次創作的(仮で二つの物語を動かすという方向で勧めてみようかなと思っちょります。


また数ヶ月前と違う話になっちゃいますね。
まぁ、別に見ている人もそんないないですし、自由に方向性の模索を頑張ってみたいと思います。

仕事の流儀を見ているとなんか頑張れそうな気がする不思議 - 2013.10.15 Tue

最近気に入っている番組……といいますか、
正直あんまりテレビってみないんですが、
最近(最近?)仕事で宿直に入るようになって、その時ちょうどテレビでついている、「プロフェッショナル仕事の流儀」
これがとても面白いのですね。



面白い、というか、
やっぱりその道のプロばかりが出てくる番組、
なんというか、こうなりたいな、と思わせる力が凄まじく、
また同時に自分はどうなのかと色々と問い直す機会にもなっているように思います。

昨日はチーズ職人の方でした。
チーズを作る工程で大事なのは全ての工程。
だから、全ての工程を全くの手を抜かず、
丁寧に丁寧に、小さなことから地道に確実に続けていく。

そして土地の力を使ったチーズを作るために、この先千年を見据えて動く。
まぁ、個々人的には自分の代で大成させたい何かを持ちたい部分もあるので、
そう言った思考を納得持って出来ること自体、自然を相手にしていないと不可能なのだとは感じます。


で、まぁ、そこに出てくるプロフェッショナルはいいんです。もうプロですし。
大切なのは自分。

自分はどうなのか?
プロフェッショナルなのか? やぁ、そうではないと思います。
ならどうするのか、やっぱり何かのプロになりたいですよね。(なんかすごく安っぽいあこがれのようになっていますが

仕事の流儀なんてものは、過程で身に付くものであって素人段階でこれが流儀だ、なんて大声で叫んでも意味がないように思います。
ただ、何をしたいか、自分は何について極めたいのか、言っちゃえばなんのプロになりたいのか、
そんなこと言ってると お前はプロになることが目的なのか? みたいに言われそうですが、そう言う言葉遊びみたいなのは正直無駄だと思ってます。

コボックスとかをやっていてもまだまだ目的は散漫としている感じも強く、
そういったことを続ける中で、自分が何を突き詰めていこうとしているのかを認識していく必要もあるんだと思ってます。
そういった段階を経て作るものにより味わいが出ればな、と思います。


多分、多分ですけどね、
私はストーリーというか、物語? 脚本?
的なものを突き詰めていきたいんだと思ってます。

いろんなものを題材にして、いろんな手法で新しい物語を作っていく、
ストーリーを付加するのって、物事を楽しくする基本だとも思います。
コボックス全体もそう言う方向に持っていけるといいのかもですね。

では、おつかれさまです。

シンフォギアGに関してのご飯に女神ザババ - 2013.10.10 Thu

先週ぐらいでしたか、シンフォギアGも終わってしまい、
新たなシーズンはまだ見るものも決まっていないような状態です。

1期の頃から、さらに言えばワイルドアームズやご存知ゴッズ時代から色々と縁のあるアニメでして、
今回はさらっとその総評でも。

○ただのマリアさん
今回話題になりやすかったただのマリアさん。
結局かっこよかったのはわずかな時間でへっぽこ、ぽんこつなどと言われ続けて1クール。
最終話でようやくドヤ顔を見せてくれました。
正直悪役としては優しすぎるというか、寝返りが1話から見え見えな感じだったのは否めないですが、
まぁ、そこは予定調和として見ていた人が多いんでしょうね。
しってた。
持ち歌カッコイイですし好きですよ。
スカイツリーが爆散した時もキマってましたし。
やっぱり作中で歌う時もCD音源でないのがいいですよねフォギアは。

周りの状況や周囲の人に動かされる場面も多く、成長劇というほど成長していないというのも事実。
ただ、同時にマリアさんがいないと敵側も機能していなかったというのも事実。
ただの優しいマリアさんとしては完成された人物だったんでしょうね。
そう言った人物の土台があってこそのマリアさん。
ある意味にビッキー以上に周囲の人に慕われ、あるいは手をつなぐ人だったのかもしれません。


○WAネタ
とにかくワイルドアームズネタが随所に散らばっていたのが嬉しかったですね。
ジュデッカのメガネやご飯にザバー、とっておきたいとっておき、へいきへっちゃら、などなど。
その中でも特に気になったものをすこし。

ひとつにもやが異常だったお風呂シーンでのマリアさんのセリフ。
「私たちは、私たちの正義とよろしくやっていく」
というセリフ。
元ネタはワイルドアームズ3のヴァージニア姉さんのセリフ。
「わたしは、わたしの正義とよろしくやっていく」
特に印象的なのが二人の言葉の意味が全く違うというところ。
マリアさんは、ほかに手段もないんだし自分の思う正義とよろしくやっていくほかしょうがない的な諦めの気持ち。
一方のヴァージニアさんは、どんだけ馬鹿にされてもそれでも私は自分の正義を貫いてやっていくんだという決意の気持ち。
同じセリフでも放つ人物やそのメンタル状態で露骨に意味合いが変わってくるのが面白いですね。

もうひとつ、最後に博士が言っていた「奇跡は一生懸命の報酬」
ここでは悪役のセリフとして使われていますが、
元ネタは同上のヴァージニアさん。
最終局面でのセリフですね。
あんたが言うのかよw と見ていて思いましたが、
案外一生懸命な人なら誰でも言えるセリフなのですね。

セリフではないのですが、セレナのギアである白銀のシンフォギアを纏う際のマリアさんの歌に
アガートラーム、とありました。
セレナのギア、やっぱりアガートラームだったんですかね。

そのほかWAネタではないですが、
ビッキーのスクラップフィストなども見れて出だし好調でしたね。


○ニコニコで見るシンフォギア
正直倍近くは楽しめたと思います。
OPでの弾幕、ラギュオさんの一兆度のあったかいもの弾幕。
マムに関してのネタが事欠かなかったことも笑いを誘いますね。
アーマードマム、マム射出! OP弾幕に即座に ※マムは飛びました が追加されていたのには腹を抱えて笑いました。
なんか超電磁砲Sの最終回にも出張していたようで、なぜそこで愛!?の汎用性は今後も続くのかもしれません。

総じて正直に言って別に高尚なことを言っているわけでもなくて熱さと勢いで見るアニメだったと思います。
触れたいこともまだまだたくさんあって、OTONAにもっと出て欲しかったりとか、アイエエエ!OGAWA=サンナンデ!?とか、切ちゃんがデースが鳴き声みたいになってて可愛かったりとか、SAKIMORIとか、まむもまたOTONAであったこととか。ほんと色々ですが、まぁとりあえずはおいておこうと思います。
まさに最速で最短でまっすぐに一直線なアニメでした。
だからこそ、みんなでワイワイ楽しく見れればそれで最高だったんじゃないかと思います。
シンフォギアでなければ許されなかった感じの演出も多い気がします。
なんか色々言いたいこともあったような気がします。
そんなところにもツッコミながら見る素敵なアニメでした。



ああ、インパクト的にも、いつか「思い出」になる物語、なのかもしれないです。




3期、3期をば。

すべてが解決という感じでもなかったので、期待して待ってます。

書き溜めを止めることで直感的な記事が作れるか - 2013.10.08 Tue

ということで、日記記事の書き溜めをやめてみようかなと、
以前は日記を書く際にもあらかじめその原稿を作っておいてそれを指定日にアップロードするというスタイルをとていたのですが、今回からはそういうことをやめてちょっとその場のノリとかそういうのも重視して日記を書いてみようかと。
理由はいろいろです。いろいろすぎて忘れているものもある気がします。

直感的に記事を書きたい、とか
書いているうちに浮かんでくるものを拾いたい、とか
あとはそもそもそんな見直しとかしてたら日記じゃないよ、とか
作業量的にノルマ的になってしまう、とか
シームレスじゃない、とか
アップロードする頃にはなんか熱の覚めた記事になってる、とか

もちろんコンテンツ系の記事は繰り返し推敲などする必要もあるので事前に書くのですけどね。
通常の日記はもっとコンスタントに、さくっと読めるものにしたいな、という気分。

それに合わせて?
合わせてかはわかりませんが。
ちょっとコンテンツ作業の方にもメスを入れてみようかと、
更新を月一とかにするとどうしてもスピード感がなく、脂ののってない話題になりやすい事とかもありまして、
まぁ、後日書きます。

多分こんなかんじに一回の文章量もだいぶ減らすと思います。

それでは、また後日良き日にお会いしましょう。

ツイッターについて - 2013.10.06 Sun


ツイッターについて色々と考えることがあります。
このままこういうツイッターの使い方で良いのだろうか、と悩んでいるんですよね。

元々ツイッターは自身の作品だったりのアナウンスを主な目的に登録したのですが、
数年間使ってきた結果で、正直ツイッターその物の効果って凄く薄いと感じています。

人との繋がりもフォローして暫くして解除されての繰り返しなので、
初期からで続いているのは3人程度、その人達もツイッター初での交流ではなく、今ではほぼ挨拶程度でしか使用してません。
あとは大体が身内。

正直言って当初の目的として全く機能していないというのが本音。


そもそもツイッターの宣伝効果にしても、
例えばリツイートを大量にされた情報があってそれが切っ掛けで、
いやそれ、だけ、が切っ掛けで何かが変わったってことはあまりないように思います。

知り合いも数千リツイートとか言うのをたたき出したことがありましたが、
結果それでその人の何かが知られるわけでも無く、活動が広がるでもなく、
一過性の情報の波にのまれて何も残らないんですよね。


まぁ、つまりのところ
ツイッター単体での能力って底が知れていると言うこと。
もっと総合的に意味を考えて利用したいな、と今は感じています。

例えば会話、交流にしても、
私はチャットをその以前はやっていて、そこでの交流はリアルにまで今でも続いています。
確かに期間は今より長く、一方で関わる人間は少なかったですが
明確にツイッターとは異なりますね。

今私はアカウント二つ持っていますが、
とりあえずメインで使っている方を対外的な広報をメインにした外部アカ。
新しく最近作ったアカをより内部的な情報や、交流に使う内部アカ。

外部は基本的にあくまで誘導や情報提供、外部に向けてこれから交流を作っていくきっかけを意識して、
本題の話ならチャットだったり、あるいは他の作品に誘導したりと、そう言う使い方をメインにしていきたいと考えています。
まぁ、もちろん普段使いも続けるとは思うんですが、
ここら辺で一度そういう意識を自分の中で持っておかないといけないかなと感じてます。

何を変えるのかをまとめれば、基本の使い方は同じです。
・ツイッターのみで交流関係を増やせると思わない
・ツイッターは会話ツールではなくて情報の掲示、交換ツールだと認識して使う
・あまり張り付かない
といった感じ。
やっぱり心の持ち用の部分がかなり大きいので、
すぐさま有効に使おうってのは難しい話ですね。

帰ってきました - 2013.10.04 Fri

いやはや、BLOGを再開したいと言ったそばからのPCクラッシュでした。
とりあえず環境が大体整いましたので、
ご報告ついでの更新を再開したいと思います。

とりあえずここ数日の出来事と、今後について

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

子畑真喜

Author:子畑真喜
装い新たに。



メールアドレス:es.kazueXhotmail.co.jp(Xを@にしてください)
ペンネーム:子畑
PIXIVニックネーム:子畑
ツイッター:http://twitter.com/kohatazuke
ハンドルネーム:創猫

最近の記事

最近のコメント

ツイッター(一般向け)

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2掲示板

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。